研究日記(R2.1)
31日(金)
・ゼミ所属の全ての4年生から無事に卒業論文の提出がありました。

30日(木)
量的データと質的データの違いについて、分かりやすいサイトがあったので学生指導用にメモしておきます。

29日(水)
・みなべ町の「まち・ひと・しごと創生総合戦略」の外部検討委員会に出席しました。

28日(火)
・ゼミナール所属の大学院生が、『運輸政策研究』に査読論文掲載決定とのこと。おめでとうございます!

27日(月)
・観世流謡曲「大原御幸」の稽古が始まりました。4月の会では舞囃子「胡蝶」シテのほか、素謡「俊寛」のツレを担当することになりました。

26日(日)
・休みました。

25日(土)
・休めません。仕事が満載です。

24日(金)
・外務省から、中国・武漢市のある湖北省への渡航中止勧告が出ました。後期の授業もほぼ終わり、中国人留学生は一時帰国を計画しているでしょう。今年は帰国をせず、日本にいた方が良いのではないでしょうか。

23日(木)
・中国・武漢市付近を中心に流行して売る新型コロナウイルスは致死率3%とか。早めに対策しておこうと思い、研究室にマスクとクレペリンを用意しておくことにしました。

22日(水)
・田辺市の世界遺産・闘鶏神社境内にある「七代目弁慶松」が枯れました。武蔵坊弁慶の立ち往生を哀れんだ人々が植えた松が、代々受け継がれて七代目。14年前に植えられた木で、まだ幼かったのですが。和歌山放送(令和元年10月7日)によると、先代の「六代目弁慶松」の種を使った再生が計画されているそうです。
benkeimastu7












21日(火)
・ゼミナール生の博士論文、修士論文、卒業論文の執筆作業も大詰めとなってきました。

20日(月)
・観世流謡曲「花筐」の稽古が終わり、次は「大原御幸」を教えて頂くことになりました。医療系の専門家によると、「花筐」のシテは統合失調症に違いないとのことです。なるほどと思いました。

18〜19日(日)
・大学入試センター試験です。私はその初回を現役高校生として三重大学会場で受けました。そしてその最終回を、、、秘密です。

17日(金)
・学部講義「国際物流論」「交通システム論」「交通政策」「政策科学機蔽楼茵法廚任蓮△垢戮討了駑舛鯏纏卩柯佞掘∋前にダウンロードの上で受講させています。受講生のうち、大半は資料をノートパソコンやタブレットで閲覧しており、資料への書き込みもデジタルペンで行っています。受講生の一部はスマホで資料を読んでいます。資料を紙にプリントアウトして持参する学生も一部ですが根強くいます。

16日(木)
・和歌山市より、「自転車活用推進計画(案)」の説明を受けました。1月27日まで、市のサイト等でパブリックコメントの受付がなされています。

15日(水)
・雨上がりの通学路です。通い慣れた道も、なかなか美しいものです。
fujito2001










14日(火)
・本日の記事「交通系IC利便性拡大 今春から JRダイヤ改正も」(読売)。ICカードは4月より和歌山バスと和歌山バス那賀で使えるようになります。また3月14日よりJR和歌山線全線とJR紀勢本線の和歌山市〜和歌山〜紀伊田辺間の全駅で使用可になります。これに伴い橋本駅経由の南海・JR西日本IC連絡定期券の発売も始まります。

12日(日)〜13日(月)
・休みです。

11日(土)
・今朝の記事「行論 革新の波 起点の年に」(阪急阪神ホールディングス会長 角和夫さん)(読売)。「当社の祖業である鉄道事業も街作りとともにあった」「(創業者の)小林はまさにベンチャー企業家だった」「私は沿線開発で「教育 文化 安心」という言葉を大切にしてきた」

・紅梅が咲きました。
ume20













10日(金)
・写真は、和歌山大学の近くにある栄谷観音さんです(撮影は正月三が日)。大学への行き帰りに門前をよく通ります。令和2年8月9日に「千日詣御開帳」があり、10年に1度、ご本尊の千手観世音菩薩を見せて頂けるそうです。
sakaedanikannon2001









9日(木)
・今年初めての教授会がありました。財務課長の大林さんに、クラウドファンディングの説明をして頂きました。

8日(水)
・今日の記事「AI駆使し発想豊かに」(羽生善治さん)(読売)「新しい情報はいっぱいありますが、全部を取り入れる時間も容量も、人間にはありません。情報の取捨選択は重要な能力になります」「人間は構想や作戦などの一貫性を好みます。逆に言えば、その枠にとどまってしまう。幅広い選択肢がある場面では、人間がAIの考え方を吸収することで、改善できる可能性があるのです」「現実の社会は不確実性や偶然性が大きく、すべてをAIで置き換えられるとは思いません」

7日(火)
・この1月は、博士論文の審査、修士論文の指導と審査、卒業論文の指導にかかりきりとなります。「コピペ論文」を書いてしまった学生は、もちろん「一から書き直し」を命じられることに・・・。

7日(火)
・この1月は、博士論文の審査、修士論文の指導と審査、卒業論文の指導にかかりきりとなります。「コピペ論文」を書いてしまった学生は、もちろん「一から書き直し」を命じられることに・・・。

6日(月)
・新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。さっそく本日から 講義が始まります。

1日(水)〜5日(日)
・年始で休みです。